ThinkPad X240の周辺機器や改造用部品を調べてみた。

2020年11月23日

ThinkPadの周辺機器、増設、改造用の部品を調べてみました。


周辺機器

周辺機器では以下の3つをご紹介します。

・マウス
・外付けDVDドライブ
・電源



マウス

こちらは現在使っているマウスです。無線を選ばなかったのは個人的に無線マウスに信用がない為。

G300Sは左右のクリックボタンのほかに、プログラムボタンというのが7個ついています。

このプログラムボタンは、様々コマンドが割り当て可能で、コピー、貼り付けなどのショートカットが1ボタンで使えます。

X240のキーボードは左下がFnキーになっています。普通のキーボードだとここにはctrlキーになっていて、ショートカットを多用する私としてはx240のキーボードはとても使いづらいのデス。



DVDドライブ

X240はDVDドライブがありません、そこで必要になるのがDVDドライブ。
安心のバッファローで持ち運べるサイズだったのでこちらにしました。

ダウンロードが主流となってきた現代では、あまり使用する機会がないかもしれません。
私は昔のPCゲームや、レンタルCDなどをを使用する際に使用します。


電源

この電源は小型、レノボの多くのPCに対応しているのが特徴です。
現在使用していますが、小型で持ち運びやすく、とても便利です。

ただ、プラグ部分の横幅が大きくできているので、横並びのコンセントでは、2口占領してしまうことがありす。



増設用部品

ここでは以下の2つをご紹介します。

・SSD
・メモリ


SSD

シリコンパワー製のSSD。
現在OSをインストールして使っていますが、特に不具合等無くいい感じです

換装後の変化としては明らかに起動、転送速度が速くなりました。

HDDの時は30~60秒くらいだったのが、SSDでは10~20秒以内には起動するようになりました。
データの取り込みも爆速です。



メモリ

amazon口コミが多かったので選びました。

X240の対応メモリは「DDR3L-1600」です。
デスクトップ用とは違うので注意しましょう。

私のX240は4Gですが、作業でメモリ不足になることはほとんどありません。

同時にたくさんの作業をされる方は検討してみると良いと思います。



改造用部品

タッチパッド

X200シリーズではx240以外が上記パッドのようです。

なぜか240のみクリックボタンがついていなく、パッドを押し込むことでクリックの使用となっています。

これが大変使いづらく、パッドを押しながらマウスカーソル動かさなければならないので、ミスが多発します。

私はマウス派ですが、マウスの持ち運びが嫌いな方は、検討してみてください。



キーボード

交換用のキーボード。
中古X240の中にはキーボードの状態が悪い物もあるので、交換したい方もいると思います。

そんな時は上記のようなパーツで交換が可能です。

交換については、交換方法を紹介しているサイト様があるので、そちらを参考にすると良いと思います。

ちなみに、ヤフオクでは、キーボードの「キー1つ」から販売していたりするので、キーをなくしてしまった方は検索してみてください。



液晶

交換用のIPS液晶。
X240についている液晶は、TN液晶と言います。

上記はIPS液晶で、TN液晶との違いは、発色、視野角が良い事。

X240を使用する前はIPS液晶のノーパソを使用していましたが、TN液晶より格段に綺麗でした。

ただ結構な金額がかかるので、ここまで行くとコスパが良いとは言えません。



最後に

x240はカスタムも簡単なので、趣味としても楽しめますね。
ただやりすぎると、結構な金額がかかってしまうので、注意が必要です。